全身脱毛の痛みは部位ごとに違うの?

VIOラインとか痛みは平気?

VIOラインとか痛みは平気?

全身脱毛の部位の中にはVIOラインとかも含まれていますが、私は痛みに弱いタイプなので不安です。本当に痛くないのでしょうか?

一昔前に主流であった電気脱毛に比べると、現在主流となっている光脱毛は、かなり痛みが少ないことで知られています。感覚としては、輪ゴムで弾いた程度と表現する方が多いですね。ただし、注意しなければならないのは、この「痛みの感じ方」は個人差・部位差が大きいということです。

 

痛みに強い人もいれば弱い人もいますし、ワキなら平気でもOラインは激痛だったという人もいます。これについては、実際に受けてみないと、なんとも言えない部分ではあります。

 

「ほぼ痛みなし!」といったことを売りにしているサロンであれば、基本的には我慢できるレベルの痛みであるケースが大半です。スタッフによく相談しながら、不安であれば出力を弱めてもらうなどの工夫を行い、受けてみると良いでしょう。

どうしても不安なら、VIOラインを省いてもらうよう、相談するという方法もあります。

 

全身脱毛の痛みを感じにくくするためにはコツがある!

全身脱毛を受ける際、多くの女性にとって不安なポイントの1つが、痛みですよね。これはマシンの性能やスタッフの技術力に左右されるもの、と考えている方が多いでしょう。ですが、実は施術を受ける方自信が少し工夫をすることでも、痛みを軽減することが可能なのです。

 

お肌を整えておく

まず、痛みを軽減するために重要なのは、お肌の状態です。

 

  • 乾燥したお肌
  • 炎症を起こしたお肌
  • 傷付いたお肌

 

こういった状態では、脱毛のような刺激を与えると強い痛みを感じてしまいます。そのため、施術前には徹底的に肌状態を整えておくことが大切です。

 

特に乾燥はあらゆる肌トラブルの原因になりますので、しっかり潤いを与えて、健やかなお肌を目指しましょう。また、日焼けしたお肌でも痛みを感じやすくなりますので、紫外線ケアにも十分に注意してください。

 

体調を整えておく

元気な時ならなんでもない痛みでも、体調がイマイチな時には、大きな痛みに感じられることがありますよね。痛みの感じ方は、体調にも左右されるものなのです。脱毛と体調なんて関係ない、と考えられてしまいがちですが、痛みを軽減するためにも、予約日の前には徹底的に体調管理をしておくことが大切です。

 

  • しっかり栄養を摂る
  • きちんと睡眠をとる
  • ストレスを溜めない

 

こういった生活習慣をきちんと整えることで、体調不良が起こりにくくなります。体調が良ければお肌の調子も良いので、痛みを感じにくくなるうえに脱毛効果も得られやすくなるというメリットがあるのです。

 

こんな時は受けない方が良いかも!

全身脱毛の痛みは、お肌がデリケートになっている状態だと、特に強く感じてしまいます。

 

  • お酒を飲んだ後
  • カミソリで剃った直後
  • 生理中

 

こういったタイミングで脱毛の施術を受けると、思わぬ刺激を感じることになるかもしれません。生理中などは、VIOライン以外なら脱毛可能なサロンもありますが、痛みについて考えるのなら、やはり生理の予定日は避けて予約を入れておきたいですね。

 

それから、施術前の飲酒は厳禁です。カミソリによる事前処理に関しても、遅くとも前日までに済ませておくのが理想ですね。

 

こういった点に配慮すれば、強い痛みを感じることなく、より快適に全身脱毛を楽しむことができるでしょう。