全身脱毛は抵抗なく受けられる

全身見られるから恥ずかしい!

全身脱毛の場合、ワキや手足のように部分的にお肌を見せるだけではなく、ほぼ全身丸ごと裸に近い状態でスタッフに見られることになってしまいます。女性としては隠しておきたい部位というのも、たくさんありますよね。そんな全身を見られるのが恥ずかしいために、全身脱毛にチャレンジできないという方も少なくないのです。

 

全身見られるから恥ずかしい!

VIOラインを含むコースも多い!

全身脱毛で、特に多くの女性が抵抗を感じる部位と言えば、VIOラインです。これは女性のデリケートゾーンのことですね。

 

  • Vライン…デリケートゾーンの正面
  • Iライン…デリケートゾーン両サイド
  • Oライン…ヒップの奥

 

これらの部位は、いくら女性のスタッフが相手でも、できることなら見せたくはないと感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、海外セレブの間では当たりまえに処理されているというVIOライン。この部位の人気が高まっているため、全身脱毛のコースにも組み込んでいるところが多いのです。

 

もちろん、どうしても受けたくないのであれば断ることも可能ですが、ちょっと損した気分になりますね。恥ずかしいけれど、せっかくの全身脱毛だし…ということで、羞恥心をガマンして受ける方も多いようです。

 

体型がバレてしまう

基本的に、脱毛サロンで施術を受ける際には、サロンが用意している施術着に着替えることになります。

 

これは、

  • 衣類をジェルなどで汚さないため
  • 施術しやすくするため

といった目的によるものですね。

 

そんな施術着は体型をカバーするのが難しく、しかも全身脱毛の場合は、全身のお肌を見せる必要性があります。そのため、体型もバレてしまいやすいですね。

 

ポッチャリな方など、体型にコンプレックスを抱えている女性の場合、通うことが精神的な負担になるかもしれません。

 

恥ずかしいのは最初だけ!

全身を見られる恥ずかしさも大きなデメリットと言える全身脱毛ですが、実は意外と、「恥ずかしいのは最初だけだった」という方が少なくありません。

 

  • スタッフが慣れている
  • スピーディーだから恥ずかしい部位も一瞬

 

大手で人気のあるサロンの場合、毎日多くの顧客が訪れますので、スタッフも1人1人のデリケートゾーンや体型をじっくり見ることはありません。事務的に処理してくれるので、意外と恥ずかしくないのです。

 

しかも、短時間であっという間に全身脱毛を完了できてしまうマシンも開発されてきていますので、恥ずかしい思いをする時間も短く済みます。恥ずかしいのはデメリットではありますが、勇気を出してチャレンジしてみると、案外平気だったという声も多いので、まずは一歩踏み出してみることが大切ですね。

関連ページ

コストがかかるから気軽に利用しにくい
全身脱毛は非常にメリットが大きく、施術を受けている女性の多くが、高い満足度を実感しています。ですが、その反面でデメリットと言えるところもあるのが現実です。そして、そんなデメリットの中でも、特に多くの方が感じているものといえば「コスト面」の問題なのです。
全身脱毛は何度も通うのが面倒になるかも
脱毛の技術はどんどん進化しており、少ない負担でしっかりムダ毛を処理できる方法が登場してきていますね。ですが、そんな時代でも、残念ながら「たった1回でムダ毛を無くすことができる技術」は開発されていません。何度も通わなければならないのが面倒になる、というのも、全身脱毛が抱えるデメリットの1つなのです。
時間がかかるから多忙な方には大変!
全身脱毛は、全身のほぼ全ての部位に施術していく方法です。そのため、ワキのような狭い範囲への施術に比べると、かなり時間がかかってしまうことになります。これについても、全身脱毛のデメリットの1つと言えますね。